逃避

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

日本大学 芸術学部

経歴

1994年 栃木県生まれ       2013年   日本大学芸術学部美術学科 入学       2015年   つもりつもっ展   2016年3月15日〜   森、海、夜は 展

作品の注目ポイント

向き合わなくてはならないはずのものから目を背け、希望的なものを見て逃避をする焦燥感と不安感を描きました。 空の色は不穏さを、人物の背後の内臓は恐ろしくて向かい合うことができないものを、裂けた人物の腹から覗くものは終わりが近いことを表しました。  

アーティストになった理由

幼少期から絵を描くことや鑑賞することがとても好きで、様々な作品を鑑賞しているうちに、平面に描かれる無限の世界とその可能性に感動を覚え、絵画を勉強することを決意しました。   また、私も作品を描き自分の世界、感情を観てほしい、知ってほしい、受け入れてほしい。という欲求もありました。       感情は普遍的なものです。   多くの悩める人が私の作品を観ることで何かしらを感じ、自身の負の感情や思考を受け入れることが出来たらと思います。   そのためにこれからたくさん作品を世に送り出したいです。

メッセージ

油絵を中心に制作していますが、最近は水彩画、立体も始めました。テーマは変わらず思考、感情とそれの理想化ですが、油絵、水彩画、立体とそれぞれ異なる媒体により表現も変わってきています。       お声がけくださったThis is Gallery さんに感謝しています。       まだまだ未熟ではありますが、たくさんの作品を制作することでよりよいものにし、多くの人々に観ていただけたらと思います。