嘯裂文花器 「冬枯」

在庫切れ

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

なし

SNS

経歴

撮影活動1974年1月~

デジタル写真撮影2002年1月~

作品の注目ポイント

高さ 10.6cm 幅(最大) 11.3cm 重量 730g

水差しとしては小ぶりなサイズですので花器とします。

これまで何度か試していた黄土釉を全体に施してみました。

この黄土釉は、当別赤土から大量に含まれているシャモットを取り出し 微粉末にしたのち、長石などの釉薬原料を混ぜたもので カオリン成分が多いのか、マット状に仕上がります。

黄土釉だけでは味気が無いと思い 数種類の釉薬を多重がけしています。

アーティストになった理由

必然

メッセージ

風景を中心に、野鳥、野生動物、人物、静物など様々なものを撮影しています。 撮影で得た色彩やフォルムを陶器にも反映させるべく 土の採取や釉薬の調合もしつつ、陶芸もしています。 カタログ用の商品サンプルや、パーティー、各種イベント、ポートレートなど幅広く撮影を賜っています。