夢の途中

応相談
カートに入れる

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

無所属

SNS

経歴

●略歴

1986年 埼玉県に誕生。

2005年 高校卒業と共に陸上自衛隊へ。

第一空挺団に三年間所属し、所属中に新潟県中越沖地震災害派遣に従事。

2008年 株式会社ファミリーマートで1年間ほど店長として勤務。

2009年 身辺警護について学ぶため、日本警護マネジメント学院に入学。

芸能人・重役の身辺警護や統合失調症患者の移送警護等を二年目から学業と並行して従事。

2011年 埼玉美術学院に入学し油絵に関して三年間勉強する。

2014年 埼玉美術学院卒業後、主に公募展などに出品。

やりたい事を探しながらニートも経験しつつ、職を転々としてきました。

色々な経験を経て、子供の頃に好きだった絵の世界へ。

●画歴

2014~

・第49回 たぶろう展 入選

・第10回世界絵画大賞展 入選

・MINERaL 絵画グループ展 出品

2015~

・個展 「夢現」

2016~

・第51回 昭和会展 入選

●メディア

2014~

作品掲載

・月刊 美術の窓、8月号

作品の注目ポイント

第49回 たぶろう展 入選 手製額付き

アーティストになった理由

生きていく為。心を殺さぬ為。

メッセージ

私が制作を続けていく理由は、子供の頃から探している"何か"を見つけるためです。未だにその"何か"はわかっていません。

自分は前回と同じテーマやコンセプト・技法での制作をおこなうことができません。それは、作品の完成と同時に"何か"を発見するのですが、完成後の時とともにそれを見失ってしまいます。

どちらかというと興味が薄れてしまっているのかもしれません。だとしたら、探し物は一つでけではないのだと思います。

作品のコンセプトやテーマといったものは毎回変わります。愛と憎しみや生と死・具象と抽象といったようにあらゆる物事は表裏一体になっています。片方だけを見つめていても探し物を見つけることはできないでしょう。

だから、コンセプトやテーマは毎回変わっていくものです。

私の家系は両親とも癌家系のため、幼い頃から身内の死というものを多く見ており、死と常に隣り合わせで生きてきました。生まれつき我が強く、過去にいじめにあうこともありました。そういった育った環境や経験が作品に影響を与えている事があるため、夢の世界や死・ネガティブといった物事の"裏側"の部分が作品に強く現れることが多いです。

単に卑屈で飽き性なだけかもしれませんが・・・