ピオバロッハ

所属

無所属。

 

SNS

私のSNSは現在ありませんが、近い将来作る予定です。

経歴

王立アカデミーサンフェルナンド美術大学留学以来、スペインで個展、発表展に専念。1986年から1992年までインターナショナル現代絵画即売展(ARCO、マチス、ピカソ、ダリ、ポーロック、ジャコメッティー、そして、現代絵画の巨匠の作品が一堂に会する即売展示会)に出品。1993年スペイン王立アカデミーサンフェルナンドBMW絵画賞展で外国人として始めて名誉賞を受賞。2000年、2001年、2003年と続けて同絵画賞を受賞。スペインはもとより、ニューヨーク、シカゴ、モナコ、パリ、ケルン、リスボア、東京等で個展、発表展。

作品の注目ポイント

Normal 0 21 MicrosoftInternetExplorer4 /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-parent:””; mso-padding-alt:0cm 5.4pt 0cm 5.4pt; mso-para-margin:0cm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:10.0pt; font-family:”Times New Roman”; mso-fareast-font-family:”Times New Roman”;} ピオバロッハは、1898年代に活躍した自然主義小説家です。彼の小説の特徴は、肩の張らない滑らかな文章が特徴です。ピオバロッハの小説の性格を、何とか版画で表現してみました。

アーティストになった理由

若い頃はヤマハ所属のオートバイレーサーになりたかったのですが、(東日本ロードレース大会、筑波サーキットでカワサキ90CCで優勝しました)どこでどう間違えたのか、このスペインで筆を使用する職業に専念しております。敢えてアーチストになった理由を探せば、「描くことが好きだから」だと思います。

メッセージ

2014年から個展、発表展の傍ら、小説執筆にも専念、アメージング出版社から、「本物の男はどこにいるの」が2018年に出版されました。