内包世界

応相談
カートに入れる

For foreign customer who is interested of buying art.
Please click the button above for further information.

購入レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

瀬戸市新世紀工芸館 研修生(ガラス工芸コース)

SNS

経歴

1994年10月 愛知県生まれ 2013年4月 名古屋芸術大学 美術学部美術科アートクリエーターコース 入学 2014年2月 レビュー展(名古屋市民ギャラリー矢田) 2014年12月 まほろば展(名古屋芸術大学アート&デザインセンター) 2015年2月 レビュー展(名古屋市民ギャラリー矢田) 2015年3月 第8回ガラス教育機関合同作品展(東京都美術館) 2016年1月 あたあた(名古屋芸術大学アート&デザインセンター) 2016年2月 レビュー展(名古屋市民ギャラリー矢田) 2016年5月 ARTIST’S CAFE 18(銀座モダンアート) 2016年6月 TOLANDにて委託販売を開始 2016年8月 名鉄百貨店本店出(TOLAND) 2016年8月 真夏のDF×學展 出展(東京ビックサイト) 2016年10月 瀧田家アートプロジェクト トキヲムスブ(廻船問屋瀧田家) 2017年3月 名古屋芸術大学卒業制作展(名古屋市民ギャラリー矢田) 2017年3月 第10回ガラス教育機関合同作品展(東京都美術館) 2017年3月 名古屋芸術大学卒業 現在 瀬戸市新世紀工芸館 研修生

作品の注目ポイント

内包されていたモノが開き(開花のイメージ)外に広がっていくイメージ そのため口元は薄い 内包されているモノは感情のようなもので、包んでいるのは自分自身の殻のようなもの。

アーティストになった理由

幼少期から外で遊ぶよりも絵を描いたり、粘土をいじったりと思うままに手を動かしている事の方が好きでした。そして小学6年生の時にTVチャンピオンという番組を通してガラスと出逢った事が将来ガラスをやっていきたいと思ったきっかけでした。その時は私もやってみたいという興味本意からでした。中学に上がり吹きガラスの体験をし、そこからガラスを学びたいという気持ちがより一層湧きました。一途にその意思を貫き大学に入りガラスを1から学び始め現在に至ります。ガラスという素材を用いて作品を作る事、表現する事が楽しくて好きで、自分の作品を売る機会がある時に買ってくれる人がいる事が嬉しくて、もっと良いものを作って世に出していきたいと思いました

メッセージ