長い夜が明ける

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

経歴

水彩画家・イラストレーター。 12月15日生まれ。東京都出身。O型。

幼少期に画家・西大記の画塾にて指導を受ける。 1990年、集英社コバルト文庫『英国少年園』(久和まり・著)にてイラストレーターデビュー。 フリーランスのイラストレーター(綾坂璃緒名義)・マンガ家(あやさか理緒名義)として 少女・女性向け分野で活動する。 2011年より、水彩画家としてのアーティスト活動を開始。多数のグループ展に参加、2013年、初個展を開催。 当初、少女性をテーマとしたイラストレーションを描いていたが、現在は「女性性・女性美」「自己の内面の表現」をテーマに少女に限定されない女性像を描いている。

作品の注目ポイント

「その夜がどんなに長く、果てしなく思えても」 永遠とも思える長く辛い夜。終わりの孤独。 でも、かならず光は射すのだと、希望のような思いを込めた絵です。 額装済みです。シャビー感のある白い木製額(四つ切)に入っています。画像はサインを入れる前の物です。実物は右下にサインが入っています。

アーティストになった理由

物心つく前から絵を描くことが好きでした。 3歳から通い始めた絵画教室で、絵の楽しさを学び、夢中で描き続けました。 最初はただ楽しかったから。 でも描くうちに、絵には自分自身が現れていることに気づきました。 私の中に抱えている悲しみや、孤独、愛を追い求める強い渇望。 それらを描きたいと思いました。 多くの人々が悲しみや孤独を抱えている。それらを抱えていても、女性は美しく、誇り高く咲き誇ることが出来る。 そんな女性を描きたい。 それが私が描き続ける理由です。

メッセージ