love & hate

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

東京藝術大学 美術学部 工芸科 染織専攻

経歴

2013年
東京藝術大学 工芸科 入学
12月 東京藝術大学 アートパス (取手校地)

2014年
21人の私と9人の僕 (グループ展 )
横浜市立金沢動物園にて展示

2015年
8月旅する工芸 愛知(グループ展)
10月上旬 染織展 (東京藝術大学 上野校地学内展示) 予定
11月旅する工芸 金沢 ㋋ スウェーデンハウス企画展
2月 旅する工芸 東京

作品の注目ポイント

絞り染めによる立体作品です。刷毛を用いた染めを行った後に浸染を行うことでより深みのある複雑な色彩をだしています。二つは一つ。一つは二つ。嫌いだけど好き。好きだけど嫌い。割ろうとしたって割り切れない。だって二つはそっくりだもの。メビウスの輪のように表も裏も行ったり来たり。愛と憎しみはつながってるの。世界には無限とも思えるおびただしい数の人が存在する。その中で生まれた事さえ無かったかのように飲み込まれてく感覚たちが私に向って叫び声をあげているのです。

アーティストになった理由

空気に飲まれて消えていく感覚を残すために制作しています。

メッセージ

世界には無限とも思えるおびただしい数の人が存在する。その中で生まれた事さえ無かったかのように飲み込まれてく感覚たちが私に向って叫び声をあげているのです。私はそれに応えたい。人に溺れ消えていく感覚を形にして世界に記憶を刻み込む。