Patchwork_NO.61

sold

所属

Sonora Design

経歴

東京を拠点に活動する、ポップアーティスト、

イラストレーター、抽象画家。

デジタルで描いた絵を、あたかもアナログのように表現する、逆にアナログの絵にデジタル技術を取り入れることも…

ファッションデザイナー、ディレクターを経て、2005年に独立し。

アートディレクター、アパレルディレクター、ファッションイラストレーター、

大手企業のロゴ、ユニフォーム、ウェブデザインなどを手掛ける。

現在、ポップアーティスト、イラストレーター、抽象画を中心に活動中。

【個展・グループ展・受賞歴】

2017年  MONSTER Exhibition展

2018年  スペインON PAPER展 

2019年  RVGグループ展

2022年  IAG  AWARDS 2022 東京芸術劇場 入選

2022年  第72回 モダンアート展  東京都美術館 入選

2022年  第78回  現展  国立新美術館 入選

2022年  リビエラ東京アートフェア2022

2022年   KENZAN2022東京芸術劇場

2022年   四谷アートフェスティバル

2022年  池袋RIVIERA TOKYO 常設展

作品の注目ポイント

【ストーリー】
色彩のパッチワーク
縦でも横でも楽しめる飾りやすいサイズの作品になっています。分割された、各表面、テクスチャ、色の重なりをお楽しみください。仮縁は作家自身がオリジナルで製作しています。
クリアーニス仕上げ、裏面にはソノラデザインのステンシルのロゴと作家のサインが入ります。

【【まろやかな暖かさ】
直線と曲線が入り混じるように描かれています。スタイリッシュさを感じながらも、暖色系の色合いに心が温かくなる一枚です。

一つの枠の中にしっかりとした色味で描かれている表現もあれば、薄く重なるようにして描かれたモチーフがあることも特徴の一つです。規則正しさの中にもちょっとした色の重なりやざらざら具合が有機的な印象を覚えますね。

明るくも落ち着きのある色合いが特徴的な本作。暖色系の照明と一緒にゆったりリラックスしたいな空間にピッタリでしょう。

アーティストになった理由

長年ファッションデザイナー、ファッションデレクターを経て、商業デザインに表現の限界を感じ、アーティストとして、抽象画家・シルクスクリーン作家・イラストレーターとしての活動を開始しました。

メッセージ

繊細な質感、テクスチャを楽しんでください。

よくあるご質問

Q.作品の購入方法、手順を教えてください
A. 購入方法・手順に関する説明ページをご確認ください。

Q.送料はかかりますか?
A.配送エリアにより送料が異なります。詳細は以下のページをご確認ください。
配送方法|送料・代引手数料について

Q.購入を検討している商品の仮押さえ・取り置きは可能ですか?
A.商品の仮押さえ・取り置きも可能です。作家と相談の上、ご対応致します。
ご検討中の作品がございましたら、各商品ページにございます「作品について問い合わせる」ボタン、もしくはお問い合わせページよりお問合せください。