本栖湖の逆さ日の出

¥21,780 (税込)
お買い物カゴに追加

For customers who are interested in purchasing art from outside Japan.
Please click the button above for further information.

作品の再販やオーダーメイドについて
作家へのお問い合わせはこちら

作品について問い合わせる

所属

クレイアート絵画同好会や山川工房。

木工や石膏彫刻の立体絵画を製作してました。材料を耐久性に優れた樹脂粘土に変えたクレイ絵画製作を、2020年からクレイアーチストのフェルメールさんと協力して、普及活動をしてます。

山川工房のフェルメールさんは、この新しいクレイ絵画の普及活動をしてます。 活動では、展示会や飲食店でクレイ絵画の展示、絵画公募展(2023年は20点の入選や入賞)、ギャラリーへの参加、クレイ絵画講座など。また無料でクレイ絵画の各画家の作品展示(30~50点)を、関東圏内の学校や地域会館等でボランティアで行ってます 。(展示希望要請はコメント欄でご連絡下さい)

SNS

作品は粘土で整形した立体のクレイ(粘土)絵画で、平面の絵画よりも遠近感や実体感があります。3Dが進んでいる現代アートです。山並みや町並みの風景画、肖像画やスポーツ画や裸体画、花絵や置物絵画など、これらをクレイアートで作ると奥行きが出るため本物に近くなります。題材によっては少し面白い絵画になります。

その中で3050cm程の適度な大きさで、壁掛け装飾にふさわしい様なクレイ絵画を選んで、This is gallery 様で掲載して立体絵画の普及を始めてみました。

クレイ絵画の材料は耐久性に優れた樹脂粘土で、粘着液とワックスマットを重ね塗りして表面保護加工を施してます。タイルの様に硬くなめらかですが、多少凹凸をつけてます。

樹脂粘土の材料費削減と軽量化、循環型社会の為に、立体樹脂粘土の芯の部分を電気店廃材の硬質発泡スチロールを活用してリサイクルして作ってます。

経歴

山川善作は立体絵画について、長年途上国で勤務しながら、以下の体験や活動を行いました。

タンザニア国でマコンデやティンガティンガの立体刻画を習う。

バングラディシュで立体絨毯美術を学ぶ。

パキスタンで立体絨毯美術を学ぶ。

ユネスコ文化財保存事業であるシルクロード上の新疆トル―ファンの仏教遺跡修復事業と西安の大明宮復元事業で、立体絵画や仏像の修復復元業務を、ユネスコ親善大使の平山郁夫画家の監修の下、ユネスコ北京事務所で行う。

シリアでオリエント美術の彫像を学ぶ。

カンボジアでアンコールワット遺跡等の浮彫壁画を学ぶ。

アフガニスタンでヘレニズム美術の仏教彫刻絵画などを学ぶ。

絵の具や画材のない途上国では、現在でも天然の材料や壁などを整形して、芸術性とともに文化を重視した伝統継承の立体絵画が描かれてます。これらを参考にクレイ絵画を作りました。

作品の注目ポイント

作品は、富士山から北西約20kmに位置する「本栖湖の逆さ日の出」の立体絵画です。逆さ日の出とは、日の出が湖の水面に上下反転した形で映り込む景観です。

作品は、本栖湖の水面にミラーシートを張り、空と本栖湖を斜めに突き出させ、くの字にさせて反射させました。遠望の富士山や上昇して左右に広がる雲も湖に写ってます。雲や山並は朝日に照らされて様々な色に変わってます。

逆さ日の出は、澄んだ空気での強い日差しと水面に波が立たない無風の限られた条件でしか見られない珍しい現象から、開運のシンボルとされてます。

逆さ日の出の絵画を飾ると、逆さ富士や輝く日の出、上昇する開き雲(開運)も幻想的に反射されていて、開運もさらに高まる、という事です。

 

工法は、耐久性に優れた樹脂粘土を材料に整形した、立体絵画のクレイアート絵画。

立体奥行12cm、縦横30×40cm、重さ約1kg。作は山川工房の山川善作(裏にサイン)。

アーティストになった理由

粘土で整形した立体のクレイ絵画を広く知ってもらい、誰でも気楽に作っていただきたいです。

メッセージ

よくあるご質問

Q.作品の購入方法、手順を教えてください
A. 購入方法・手順に関する説明ページをご確認ください。

Q.送料はかかりますか?
A.配送エリアにより送料が異なります。詳細は以下のページをご確認ください。
配送方法|送料・代引手数料について

Q.購入を検討している商品の仮押さえ・取り置きは可能ですか?
A.商品の仮押さえ・取り置きも可能です。作家と相談の上、ご対応致します。
ご検討中の作品がございましたら、各商品ページにございます「作品について問い合わせる」ボタン、もしくはお問い合わせページよりお問合せください。