Time that passes around No.70

sold

購入レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

Sonora Design

SNS

経歴

東京を拠点に活動する、ポップアーティスト、イラストレーター、アブストラクトアーティスト。 抽象画やブライスドール、想像世界の少女をモチーフにしたイラストを描いています。 デジタルで描いた絵を、あたかもアナログのように表現する。 逆に、アナログの絵にデジタル技術を取り入れることもあります。ファッションデザイナー、ディレクターを経て、2005年に独立し。アートディレクター、アパレルディレクター、ファッションイラストレーター、大手企業のロゴ、ユニフォーム、ウェブデザインなどを手掛ける。 現在、ポップアーティスト、イラストレーター、抽象画を中心に活動中。

2017年 MONSTER Exhibition展

2018年 スペインON PAPER展

2019年 RVGグループ展

2022年 東京都美術館  第72回モダンアート展出展

作品の注目ポイント

Time that passes around No.70  (めぐり合う時間)

額縁付き。

額縁は古木のようなアンティークを醸し出しています。

絵の具がかすれ、独特の質感を演出しています。

シンプルながらもつい時間を忘れて眺め入ってしまうような花たち。

空間を洗練されたモダンな印象へと演出してくれる本作品。

店舗やオフィスなどにもおすすめの一枚です。

アーティストになった理由

長い間、ファッションデザイナー、ファッションイラストレーター、アートデレクター、テキスタイルデザイナーの仕事を続けてきました。大手ブランドのデレクションや国内、海外ブランドの商品のデザインなど毎シーズン、デザインして商品を生産する。

ファッションとはある程度の制約の中、

新しく作りそれを捨てていくの繰り返し

そんなファッションデザインに表現の限界を感じました。  

自分の表現の幅をもっと広げたい、自由に表現したいという思いが抽象画やシルクスクリーンを始めるきっかけとなりました。

現在では女性を描いたイラストと抽象画を中心に制作しています。

メッセージ