わすれていく

在庫切れ

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

広島市立大学芸術学部日本画専攻

SNS

経歴

1994年
広島生まれ

2013年
広島市立大学芸術学部日本画専攻 入学
7月
第12回桐文祭(広島市立基町高等学校)

2014年
7月
第13回桐文祭(広島市立基町高等学校)
8月
第29回桐美会展(ギャラリーブラック)
12月
白玉会(ギャラリーブラック)

2015年
1月
漂動するかたち(広島芸術センター)
3月
分岐展(デザインフェスタギャラリー)
5月
FFFFFFFFFFF展(KOMACHI ART PLACE)

現在
広島市立大学芸術学部日本画専攻 3年 在籍

作品の注目ポイント

直感的に配置された子どもの絵子どもの絵、また創造力をイメージして制作しました。時間と共に自分の中から失われていく幼少期の創造力を自分の幼少期の絵を用いて改めて考え直す試みをした作品です。実際にお近くで作品のテクスチャー、変化を見て頂ければと思います。「This is Gallery」という新しい作品発表の場をお借りして、私の作品が皆様の目に触れる機会を頂けたことに感謝しております。少しでも私の作品に目を留めて頂けたら幸いです。

アーティストになった理由

自分の中の世界を他者に鑑賞してもらう一つのかたちがアート作品だと思います。あらゆる人に私の作品を通じてインスピレーションを受けてもらえるよう筆を持ちたいと思います。日本画材に留まらず、様々な素材を用いた自由な表現からなる私の作品を通して何か感じて頂けたら幸いです。

メッセージ

最近では平面他に立体、映像と他ジャンルへ制作の幅を広げ、日本画の定義について考えています。絵画の平面性また日本画ならではの光によって画面が変化する岩絵具の深さを通して自分の考えを作品に投影させています。自分の考え・コンセプトを絵画またアート作品という一種の伝達ツールで鑑賞者側に伝えていけたらと考えています。「This is Gallery」という新しい作品発表の場をお借りして、私の作品が皆様の目に触れる機会を頂けたことに感謝しております。少しでも私の作品に目を留めて頂けたら幸いです。